TOP > 健保組合からのお知らせ:バックナンバー > 自己負担ゼロで禁煙治療が受けられる
平成29年度「禁煙チャレンジキャンペーン」参加者募集のご案内

自己負担ゼロで禁煙治療が受けられる
平成29年度「禁煙チャレンジキャンペーン」参加者募集のご案内

2017年05月19日

 肺がんにかかる人は、年々増加傾向にあり、男性は約10人に1人、女性は約23人に1人がかかっており、がん死亡原因の第1位となっています。その最大の危険因子は「喫煙」です。
 また喫煙は、肺がんだけでなく、さまざまながん、心筋梗塞や脳卒中などの循環器疾患、糖尿病、高血圧症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、胃・十二指腸潰瘍、歯周病などの誘発または重症化させ、喫煙者本人にとどまらず、受動喫煙においても同様の悪影響があります。
 さあ、たばこをすっているあなた、ご家族のためにも“禁煙”にチャレンジしましょう!!


参加できる方 日本旅行健保に加入している被保険者(本人)で禁煙を始めたい方
※平成26〜28年度に当キャンペーンの補助金をもらった方は対象外です。
申込期間 平成29年5月22日(月)~6月30日(金)
※期間内に申し込みのない場合は補助金の対象となりません。

申込方法 「禁煙チャレンジキャンペーン申込書(C-17)」PDF(PDF)に必要事項を記入の上、健保組合へ郵送又はFAXしてください。

補助金の請求方 禁煙外来コース修了後、「禁チャレン煙ジキャンペーン補助金請求書(C-18)」PDFに 必要事項を記入し、禁煙治療にかかった全ての「領収書(原本)」と「医療費明細書(いずれも原本)」を添付して健保組合に申請してください。
キャンペーン申込後に治療を開始し、補助金請求時に当健保に加入していることが条件です。



禁煙チャレンジキャンペーンの内容

キャンペーン中に申し込みをし、禁煙外来コースを修了された方は・・・

※禁煙外来で健康保険の適用となる条件・・以下の条件を全て満たさないと保険診療となりません。
(1)ニコチン依存症を診断するテストの結果が5点以上。
(2)【1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数】が200以上。
(3)1ヶ月以内に禁煙を始めたいと思っており、禁煙治療を受けることを文書により同意して
  いる。( ⇒問診票などに、日付や自分の氏名を書きます。)
(4)初めて禁煙治療を受ける、もしくは前回の禁煙治療から1年経過している。

禁煙外来受診とは・・・・

 ニコチン置換法や非ニコチン製剤による禁煙法を行う外来受診のことをいいます。喫煙者の禁煙成功のために、禁煙補助剤(ニコチンパッチまたは飲み薬やガム)の処方をはじめ、禁煙についてのアドバイスなどの様々な支援を専門家の立場で行ってくれます。
※禁煙外来を行っている医療機関は、「すぐ禁煙.jp」等のサイトで検索できます。

禁煙外来で治療を行うときのスケジュール
(飲み薬「チャンピックス」を使用した場合)

ページトップへ