TOP > 健保組合からのお知らせ:バックナンバー > 「健康保険 被扶養者の資格確認(検認)」の実施について

「健康保険 被扶養者の資格確認(検認)」の実施について

 

2012年06月11日

健康保険組合は、健康保険法施行規則第50条により、健康保険の被扶養者になっている方について、定期的に被扶養者が資格要件を備えているかを確認する「被扶養者資格確認(検認)」を実施することが義務付けられています。
 今年も、保険証に被扶養者の記載のある方を対象に、事業所経由で(任意継続被保険者と日本旅行グループ以外へ出向の方へは、健保組合から郵送で)「健康保険 被保険者・被扶養者 確認書」を発送します。
 同封されている要領を参照し、必要な書類を添付のうえ7月31日(火)までに必着するように、健康保険組合へ提出してください。
 また、本年は検認の完了後に「健康保険証」のカード化を予定しておりますので、提出期限の厳守をお願いいたします。
 毎年、必要書類の添付漏れが散見されますので、送付する前には添付書類の確認を必ず行なっていただきますようお願いいたします。
 なお、被扶養者の資格確認ができない方や、提出期限までに回答のない方は、認定審査ができないため、被扶養者から外れていただくこともありますので、ご注意ください。


ページトップへ