TOP > 健保組合からのお知らせ:バックナンバー介護保険料率の引き上げと特定被保険者からの徴収のお知らせ

介護保険料率の引き上げと特定被保険者からの徴収のお知らせ


2012年02月23日


 平素は当組合の事業運営にご理解とご協力を賜り、ありがとうございます。
 さて、平成24年度の介護保険料について、現行の1.68% から 0.17%引上げて1.854%とすることを2月9日開催の第65回組合会で議決いたしました。
 また、今まで介護保険料は、日本に居住する40歳以上65歳未満の被保険者からのみ徴収していましたが、介護保険財政が厳しくなっていることから規約の見直しを行い「特定被保険者」からも徴収することとなりましたので下記のとおりお知らせします。
 ご負担が増えることになり誠に恐縮ですが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。


1.介護保険料率.

  引き上げ後 引き上げ幅
皆様のご負担 0.927% 0.087%
会社(事業主)の負担 0.927% 0.087%
1.854% 0.174%

※任意継続被保険者のご負担は、引き上げ後1.854%、引き上げ幅0.174%となります。

2.引き上げ料率の適用時期

(1) 月例給与からの控除分
  平成24年4月に徴収する保険料から適用となります。
(2) 賞与からの控除分
  平成24年3月1日以降に支給されるものから適用となります。
  ただし、特定被保険者については4月1日以降支給されるものから適用となります。

3.当健保における介護保険料の徴収対象者
(1) 従来からの徴収対象者
  日本に居住する40歳以上65歳未満の被保険者
(「介護保険第2号被保険者(本人)」といいます)
(2) 平成24年度から新たに徴収対象となる方(「介護保険特定被保険者」といいます)
  被保険者が40歳未満もしくは65歳以上であっても、40歳以上65歳未満の当健保加入の被扶養者がいる方
  被保険者が海外居住のため適用除外となっているが、国内に居住する40歳以上65歳未満の当健保加入の被扶養者がいる方


ページトップへ