TOP > 健保組合からのお知らせ:バックナンバー >「ジェネリック医薬品 利用促進のご案内」の実施に伴う個人情報の第三者への提供について

「ジェネリック医薬品 利用促進のご案内」の実施に伴う個人情報の第三者への提供について

 

2010年9月10日

当健康保険組合は、その保有する個人情報(個人データ)について、次の事項を明示したうえで、第三者への提供を行なうこととしますのでお知らせいたします。
 健康保険組合は、原則として、あらかじめ本人の同意がなければ、保有する個人情報(個人データ)を第三者に提供することはできませんが、個人情報保護法第23条第2項において「1.第三者への提供を利用目的とすること、2.第三者に提供される個人データの項目、3.第三者への提供の手段又は方法、4.本人の求めに応じて当該本人が識別される個人データの第三者への提供を停止すること、について、本人が容易に知り得る状態に置いているとき」は、あらかじめ本人の同意を得なくても個人情報(個人データ)を第三者に提供することができる、とされていることからこのお知らせを行ないます。

1.目的
健保ニュースNO.266(平成22年8月10日発行)でお知らせした「ジェネリック医薬品利用促進のご案内」(平成22年9月下旬に実施予定)の作成・発送を行なうために個人データを第三者に提供 するため。
 なお、ここでいう「第三者」とは、「株式会社 日本医療データセンター」「日本アウトソーシング株式会社」(業務委託先)及び「日本通運株式会社」(個人情報の輸送)を指します。

2.第三者へ提供する個人情報(個人データ)の項目
・診療報酬明細書(レセプト)に記載されている項目の全て
 (被保険者記号、番号、氏名、生年月日、診療年月、傷病名、
 診察種別、保険種別、請求点数、診療実日数、医療機関名、
 薬剤処方内容 等)
・所属事業所、所属部署、個人住所
3.提供の手段又は方法
上記2.に記載のデータをCDに収録、暗号化し日本通運株式会社の個人情報専用輸送システム(プライバシーガード)を利用して業務委託先へ提供します。
4.第三者への提供の停止手続き
停止を希望される場合には、下記にご連絡ください。

日本旅行健康保険組合 総務課長
TEL 03-3502-1777  FAX 03-3502-2727



ページトップへ