TOP > 健保組合からのお知らせ:バックナンバー > 平成22年4月1日受診分より人間ドックの個人負担額等が変わります

平成22年4月1日受診分より人間ドックの個人負担額等が変わります


 

平成22年03月09日

公告第339号の「組合規程の一部改定について」でもお知らせしていますが、去る2月5日の組合会において、平成22年度の人間ドック事業の見直しが決定いたしました。
 変更点は以下のとおりです。
 
1.人間ドックの個人負担額が7,000円となります。(前年度は5,000円でした)

2.規程上、主婦人間ドックを「配偶者人間ドック」に名称変更し、受診対象者を被扶養者となっている配偶者に限定しました。

3.検査の結果「要精密検査」となった項目の検査費用は全て健康保険組合負担としますが、「要精密検査」以外の検査結果については、保険診療(健保組合負担:7割、自己負担:3割)となります。

なお、このお知らせと同時にホームページ上の人間ドックに関する部分も平成22年度の内容に変更させていただきましたのでご注意ください。

  平成22年度 疾病予防事業(人間ドック)はこちら

また、22年度【人間ドック等契約先一覧】の更新は、現在、各人間ドック契約先と手
続き中のため、3月末を予定しており、一部契約解除となる施設もありますのでご注意
ください。
 なお、今後も契約解除となる施設につきましては、その都度ホームページでお知らせ
してまいりますので、必ず予約時点で、健保組合のホームページ(健保組合からのお知
らせ)で確認してください。

 <平成22年度 契約解除となる医療機関(3/8現在)>
・ 財団法人 八戸市総合健診センター



ページトップへ