TOP > ライフシーン検索 > 退職したとき > 引きつづき日本旅行健保に加入したいとき(任意継続被保険者制度)

ライフシーン検索

引きつづき日本旅行健保に加入したいとき(任意継続被保険者制度のご案内)

2年間の継続加入

この制度は、退職などにより被保険者の資格を失った場合にも、条件を満たせば希望により2年間継続して被保険者となれる制度です。
任意継続被保険者制度に入ると、被保険者として日本旅行健保の保険給付や保健事業を受けることができます。
任意継続被保険者になることができる条件は次の2つです。
 1.退職日までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間がある。
 2.資格喪失日から20日以内に健康保険組合へ申請書を提出する。
加入されますと、新たに保険証が交付されます。保険証の記号・番号が変わっていますので医療機関の受付に新しい保険証の提示を忘れないでください。

保険料は全額自己負担

(今までの本人分+会社負担分を加算した額)

保険料を決めるもととなる標準報酬月額は、「本人の退職時」か「当健保組合の標準報酬月額の平均額(前年度9月30日現在)」のいずれか低いほうであり、退職される方に対し保険料負担の軽減をはかっています。
なお、「決定された標準報酬月額」は2年間固定されます。
また、保険料は事業主負担がなくなって、全額個人負担になります。
保険料の支払い方は、
  ①前納払い
  ②毎月払い のいづれかを選択してください。
保険料の額は「けんぽのご案内/保険料月額表」でご確認ください。

翌年度の保険料は、翌年の2月下旬に決まります。
健保組合よりお知らせ(ホームページ等)があるまでお待ちください。

手続き

加入申請は、資格喪失日から20日以内に健康保険組合に対して行います。
提出書類
A-08任意継続被保険者資格取得申請書PDF(PDF)

    ※在職時に扶養していた家族を引き続き扶養する場合は、
     次の書類も提出してください。
A-01被扶養者届(異動届)PDF(PDF)

給付内容

出産手当金と傷病手当金は支給されません。それ以外は、在職中の内容と同様です。

保険証を受け取るまでのスケジュール

 健保に申請書到着後、会社から喪失の届出があり次第、健保組合より「保険料の納付方法についてのご案内」をご自宅へ郵送します。
初回保険料を納付書に基づき納付(金融機関がみずほ銀行の場合は、振込手数料無料です)していただきます。  健保組合で初回保険料の入金が確認されると、任意継続被保険者の資格が取得されたことになります。
 お手元に任意継続被保険者用の保険証を郵送しますので、ご確認ください。
  ※被保険者証を受け取る前に医療機関にかかる場合は、医療機関に「任意継続保険の申請中である」旨を申し出て医療機関の指示に従ってください。

資格がなくなるとき

  1. 任意継続被保険者の資格期間が満了したとき
  2. 再就職先の健康保険組合等の被保険者となったとき
  3. 保険料を期限までに納めなかったとき

ページトップへ