TOP > ライフシーン検索 > 本人・家族がなくなったとき > 被扶養者である家族が亡くなった場合

ライフシーン検索

被扶養者である家族が亡くなった場合

埋葬料が支給されます

被扶養者が死亡したときには、被保険者本人に「家族埋葬料」が支給されます。
また、家族や身近な人がまったくいない場合には、実際に埋葬を行った人に、埋葬料の支給額の範囲内で、埋葬にかかった実費が「埋葬費」として支給されます。
家族埋葬料の受給手続き(すみやかに次の書類を提出してください)
提出書類
B-12埋葬料・埋葬料付加金・埋葬費請求書PDF(PDF)
死亡したことを証明する次の書類(いずれかひとつ)を添付するか、または、請求書の中段にある事業主の証明欄に証明を受ける

※「埋葬費」の請求の場合は、上記の死亡したことを証明する証明のほかに埋葬にかかった費用の領収書を添付してください。

給付額

50,000円(埋葬費は、家族埋葬料の範囲内で実費を支給)
※埋葬料付加金は支給されません

保険証を返納してください

死亡して被扶養者の資格を失ったときは、亡くなった方の保険証を、資格を失った日から5日以内に事業主(総務・人事)経由で返納してください。
※任意継続の方は、直接健保組合へ提出してください。
提出書類
A-01被扶養者届(異動届)PDF(PDF)
添付書類

ページトップへ