TOP > ライフシーン検索 > 子供が生まれたとき 出産費資金貸付制度について

ライフシーン検索

出産費資金貸付制度について

◆出産費資金貸付制度について
出産育児一時金等の「直接支払制度」「受取代理制度」を利用しない場合や、海外で出産する場合に、出産する被保険者、被扶養者の経済的負担を軽減するために、出産費資金の貸付(無利子)を実施するものである。

●対象者

出産育児一時金等の「直接支払制度」「受取代理制度」を利用しない、日本旅行健康保険組合の被保険者又は被扶養者で、出産育児一時金の支給が見込まれる方のうち、次の1もしくは2に該当する方



出産予定日まで1ヵ月以内の方

妊娠4ヶ月(85日)以上の方で、病院・産院等に一時的な支払いを要する方
●貸付金額
産科医療補償制度に加入の医療機関で出産される方:336,000円
上記以外の医療機関で出産される方          :323,000円
※多胎の場合は、上記貸付金額×胎児数です。


●申込方法
「出産費資金貸付申込書(B-04)」に必要事項を記入し、必要書類とともに当健
保へ提出してください。
【必要書類】
対象者1 母子健康手帳の写し、又は出産予定日まで1ヶ月以内であることを証明
する書類
対象者2 ・母子健康手帳の写し、又は妊娠4ヶ月(85日)以上あることを証明
する書類
・医療機関等から出産に要する費用の内訳のある請求書または領収書の原本
●貸付方法
  1. 健康保険組合が上記「申込書」を受理し、貸付できるかどうかを決定した後に、申請者宛に「出産費資金貸付可否決定通知書」が送付されます。

  2. 貸付が承認された場合、申込者は健康保険組合から送付される「出産費資金貸付借用証書」及び「保険給付金受領委任状」に必要事項を記入し、健康保険組合に送付してください。
    上記書類が健保に届き次第、貸付金を指定の口座に振込します。(振込み手数料は健保組合で負担します。)

  3. 貸付が出来なかった場合は、「出産費資金貸付可否決定通知書」及び関係書類を返戻いたします。

●返済について
出産後、当健保へ「出産育児一時金・付加金請求書」(B-7)」を提出してくだ
さい。当健保が、借用者の代理で出産育児一時金を受取り、その一部を返済金に充
当し、精算後の残高を当健保が、指定の金融機関口座へ振込みます。(振込み手数料
は健保組合で負担します。)

●その他

届出事項 貸付申込者は、申込を行った後、貸付金の返済が完了するまでに「出産費資金貸付借用証書」に記入した住所・氏名に変更が生じたとき、または、資格を喪失したときは、速やかに当健康保険組合に申し出てください。
即時償還 貸付を受けた者(借受人)が偽りの申込または、不正な手段により貸付を受けたと認められるときは、直ちに貸付金を返済しなければなりません。
出産育児一時金が不支給となった場合 貸付金に係る出産育児一時金が不支給となったときには、期日を指定して貸付金の全額を返済しなければなりません。 ※本人が退職した場合は、妻が出産しても「家族出産育児一時金」は支給されません。


申込書類はこちら

  • 出産費資金貸付申込書(B-4)PDF(PDF)


  • 出産育児一時金・付加金請求書(B-7)PDF(PDF)
  • ページトップへ