TOP > ライフシーン検索 > 子供が生まれたとき

ライフシーン検索

子供が生まれたとき

  • 「出産一時金」などを申請する場合

    被保険者本人が出産したときは、分娩費用の補助として「出産育児一時金」が、また出産のために仕事を休んでいた期間の生活費として「出産手当金」が支給されます。被扶養者である家族が出産したときも、同じように「家族出産育児一時金」が支給されます。

    健康保険では、正常な妊娠・出産は病気として扱われないので、費用は自費払いになります。そこでその費用を補助するために、出産育児一時金が現金で支給されます。しかし妊娠・出産に異常があり、医師の手当等が必要になる場合は病気として扱われ、健康保険の療養の給付の対象となります。
    詳細はこちら

  • 出産育児一時金の「受取代理制度」を利用する場合(10/1)

    「出産育児一時金」や「家族出産育児一時金」は、原則として出産後に被保険者が健康保険組合に請求をして受け取ることになっており、一時的に出産費用の支出が必要です。この出産時の支出を軽減するために、平成21年9月まで「受取代理」という制度がありましたが、平成21年10月1日出産分より、これに代わる制度として「直接支払制度」が導入されました。
    詳細はこちら

  • 被扶養者の申請をしましょう

    子供が生まれたら、被扶養者の申請をしてください。被扶養者として申請するには、さまざまな条件があります。
    詳細はこちら

  • 出産手当金請求書を提出する場合

    女性である被保険者が出産のため仕事を休み、その間、給料がもらえなかったときには、「出産手当金」が支給されます。
    詳細はこちら

  • 育児休業中の保険料が免除される場合

    育児休業の期間は、事業主の申し出によって保険料が免除されます。

  • 出産費資金貸付制度を利用したい場合

    詳細はこちら

ページトップへ