TOP > ライフシーン検索 > 介護が必要になったとき > サービスを利用することが可能です

ライフシーン検索

サービスを利用することが可能です

介護保険の給付には「介護給付」と「予防給付」があり、介護サービスだけでなく、介護が必要な状態になることを防ぐためのサービスも提供されます。ただ、必要以上に介護が行なわれると、かえって心身の機能を弱めることになりかねないため、サービスは介護の必要度に応じて受けることが大切です。そこで、介護サービスを利用したいときは、まず「要介護認定」の申請を行ない、どの程度の介護が必要かを判定してもらいます。 なお、40歳以上65歳未満の「第2号被保険者」は、給付を受けられる場合が限られています。
市区町村の窓口等に、以下の二つを提出します。
提出書類
※申請書はお住まいの市区町村にあります。詳しくは市区町村の窓口等にお問い合わせください。

40歳以上65 歳未満の人が給付を受けられる場合

介護保険の給付を受けるにあたり、65 歳以上の第1 号被保険者は介護を必要とする原因は問われませんが、40 歳以上65 歳未満の第2 号被保険者は次の「特定疾病」に該当する場合のみ給付を受けられます。
(1)初老期の認知症 (9)慢性閉塞性肺疾患
(2)脳血管疾患 (10)両側の膝関節または股関節に著しい 変形を伴う変形性関節症
(3)筋萎縮性側索硬化症(ALS) (11)関節リウマチ
(4)パーキンソン病関連疾患 (12)後縦靭帯骨化症
(5)脊髄小脳変性症 (13)脊柱管狭窄症
(6)多系統萎縮症 (14)骨折を伴う骨粗鬆症
(7)糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症、糖尿病性神経障害 (15)早老症(ウェルナー症候群)
(8)閉塞性動脈硬化症 (16)末期がん

ページトップへ