TOP > ライフシーン検索 > 70歳になると・・・ > 70歳以上の自己負担限度額

ライフシーン検索

70歳以上の自己負担限度額

個人ごとの自己負担限度額

外来でかかった場合の個人ごとの自己負担限度額です。
現役並み所得者 44,400円
一 般 12,000円
市町村民税非課税者 8,000円

世帯ごとの自己負担限度額

同一世帯で同一医療保険に加入している場合の、外来と入院の自己負担額を合算したときの世帯ごとの自己負担限度額です。
現役並み所得者80,100円+(医療費-267,000円)×1%
 多数該当の場合44,400円
一 般44,400円
市町村民税非課税者24,600円
 年金受給額80万円以下等の場合15,000円
※ 法改正により、平成20年4月から一般の自己負担限度額は個人の場合 2万4,600円、世帯の場合 6万2,100円に引き上げられましたが、患者の負担増にあたる分は国庫でまかなわれおり、実施が凍結されています。
※ 1日生まれの場合を除き、75歳の誕生日を迎える月は、月の途中で加入する医療保険制度が変わるため、自己負担限度額が半額になる特例があります。
入院の場合は、医療機関での支払いが自己負担限度額までになります。外来や世帯合算した額が自己負担限度額を超える場合は、あとから払い戻しを受けます。

[現役並み所得者とは]
標準報酬月額28万円以上の人が該当します。ただし、次に当てはまる場合は一般扱いとなります。
  • 年収が高齢者複数世帯で520万円、高齢者単身世帯で383万円に満たない場合は、健康保険組合に届け出れば一般と同様の自己負担となります。
  • 被扶養者が長寿医療制度に加入することで、年収の判定基準が複数世帯から単数世帯となり、現役並み所得者に該当する場合は、一般の自己負担が適用されます。

ページトップへ