TOP > お問い合わせ

健康保険組合の運営

健康保険組合の運営

健康保険組合の運営は、事業主の代表と従業員の代表である同数ずつの議員によって、健康保険法に規定される範囲の中で自主的、民主的に行なわれています。

健康保険組合の組織

組合会
組合会は、国で言えば国会のような最高決議機関で、「何をどのようにするか」を決めるところです。規約、保険料、事業計画、予算、決算など重要事項を決めます。組合会は、事業主が選んだ選定議員と被保険者が選挙で選んだ同数の互選議員で構成されています。
理事会
理事会は、国で言えば政府のようなもので、組合会で決められたことを執行する機関です。理事会は、選定議員と互選議員の中から選ばれた、それぞれ同数の理事で構成されます。
理事長
選定議員から出た理事の中から、理事長を1名選びます。理事長は組合運営の最高責任者で、組合を代表します。
常務理事
理事会の同意を得て、理事長が理事の中から常務理事を指名します。常務理事は理事長を補佐し、日常の事業運営に必要な事項の処理にあたります。
監事
監事は2名で、選定および互選議員の中から各1名を選出し、業務の執行や財産の状況について監査します。

健康保険組合にはこんなメリットがあります

  1. 被保険者や被扶養者の年齢構成、男女比、疾病の動向などの実態に即した保健対策を実施できるほか、事業主と協力して健康管理などを積極的に行うことができます。
  2. 健康保険組合は、それぞれの組合の実情に応じて付加給付事業を行うことができます。
  3. 健康保険組合独自の保養・レクリエーション・スポーツ施設を建設したり、利用契約を結んだりできるほか、健康づくりに役立つ事業をきめ細かく行うことができます。
  4. 原則として被保険者と事業主が折半する保険料を、被保険者の負担割合を低く設定することが認められています。
  5. 各健康保険組合の拠出金により、一定の額を超えた高額な医療費の助成ならびに財政が窮迫した組合の助成を行います。

健康保険への加入は義務となっています

被用者保険
職場で加入する医療保険
1.健康保険組合
2.全国健康保健協会管掌健康保険(協会けんぽ)※
3.共済組合(国家公務員、地方公務員)
4.共済制度(私学教職員)
5.船員保険
地域保険
地域住民が加入する医療保険
・国民健康保険
農・漁業、自営業、自由業など
・長寿医療制度(75歳以上の高齢者など後期高齢者医療制度)

※全国健康保険協会は、政府が運営していた「政府管掌健康保険」を引き継いだ組織で、国から切り離された非公務員型の公法人として、平成20年10月1日に設立されました。

ページトップへ