TOP > 健康保険組合のしごと

健康保険組合のしごと

健康保険組合は「保険給付」と「保健事業」という2つの仕事をしています。

保険給付 ~医療給付を中心に~

被保険者とその家族(被扶養者)の病気、けが、出産、死亡などのとき、医療費を負担したり、給付金を支給することです。 「保険給付」には、法律で定められた「法定給付」と、私たちの健康保険組合が独自に行なう「付加給付」の2つがあります。

保健事業 ~健康づくりのために~

被保険者とその家族(被扶養者)の健康の保持増進をサポートする事業です。
健康情報の提供、病気の予防を目的とした各種健診、運動施設や保養施設の利用機会の提供などさまざまな事業を行なっています。
平成20年4月からは、40歳以上(日本旅行健保は35歳以上)75歳未満の被保険者・被扶養者を対象に、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための特定健康診査および特定保健指導の実施が義務付けられています。このメタボリックシンドロームの対策も保健事業の一環として行なっています。 特定健診・特定保健指導の詳細は、こちらをご参照ください。

ページトップへ