TOP > けんぽのご案内 > 保険給付とは?

保険給付とは?

健康保険では、被保険者とその家族(被扶養者)が、仕事以外のことで病気にかかったり、  けがをしたり、出産をした場合や死亡した場合に、定められた各種の保険給付が受けられます。

現物給付と現金給付

保険給付を受ける方法には、病気やけがをした場合に、これを治すために医療そのものを 給付する方法(現物支給といいます)と、治療にかかった費用を給付する方法(現金給付といいます)があり ます。

法定給付と付加給付

健康保険法で定められている給付が「法定給付」です。全国健康保険協会でも健康保険 組合でも共通して支給されるものです。

「付加給付」は、それぞれの健康保険組合が独自に行なう給付で、法定給付に上積みされ ます。

時効は2年

健康保険の給付を受ける権利は、「現金給付」については2年で時効になります。たとえば、出産育児一時金について請求を忘れると、2年たったときに時効となり、権利がなくなってしまいます。

受給権は保護される

健康保険の給付を受ける権利は、他人に譲ったり、担保にしたり、差し押さえたりすることはできません。

ページトップへ