TOP > 健康保険とは?

健康保険とは

私たちが生活していく中で、最も心配なことのひとつは、自分や家族の誰かが病気になったり、けがをしたときの治療費や生活費の問題です。このような思いがけない出費に対する心配は、病気やけがだけでなく、出産や死亡の場合も同じです。健康保険では、このような場合に備えて、働いている人たちがふだんから収入に応じて保険料を出し合い、これに事業主も負担して、病気、けが、出産、死亡などのときに必要な医療や現金を支給して、お互いに生活上の不安を少しでもなくしていこうという目的から生まれた制度です。

Q 健康保険組合とは?
健康保険組合は、健康保険の事業を運営する公法人です。常時700人(同種・同業の事業所を集めての場合は、3,000人)以上の従業員がいる事業所が、厚生労働大臣の認可を得て設立し、事業所の実態に即した健康保険の仕事を運営することができます。なお、健康保険組合が設立されていない事業所は、全国健康保険協会が運営する健康保険(協会けんぽ)に加入します。

健康保険組合にはこんなメリットがあります

  1. 被保険者や被扶養者の年齢構成、男女比、疾病の動向などの実態に即した保健対策を実施できるほか、事業主と協力して健康管理などを積極的に行なうことができます。
  2. 健康保険組合は、それぞれの組合の実情に応じて付加給付事業を行な。
  3. 健康保険組合独自の保養・レクリエーション・スポーツ施設を建設したり、利用契約を結んだりできるほか、健康づくりに役立つ事業をきめ細かく行なうことができます。
  4. 原則として被保険者と事業主が折半する保険料を、被保険者の負担割合を低く設定することが認められています。
  5. 各健康保険組合の拠出金により、一定の額を超えた高額な医療費の助成ならびに財政が窮迫した組合には助成が行なわれます。

健康保険への加入は義務となっています

被用者保険
職場で加入する医療保険
(1)健康保険組合
(2)全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)※
(3)共済組合(国家公務員、地方公務員)
(4)共済制度(私学教職員)
(5)船員保険
地域保険
地域住民が加入する医療保険
・国民健康保険
農・漁業、自営業、自由業など
・長寿医療制度(75歳以上の高齢者など後期高齢者医療制度)

※全国健康保険協会管掌健康保険は、政府が運営していた「政府管掌健康保険」を引き継いだ組織で、国から切り離された非公務員型の公法人として、平成20年10月1日に設立されました。

ページトップへ