TOP > よくあるご質問 > B.被扶養者の増減について

よくあるご質問

B.被扶養者の増減について

1.子供が産まれたとき
(1).被扶養者である妻が出産したとき
被扶養者の申請が必要となりますので、「健康保険被扶養者届(異動届)」と医師または市区町村等の証明のある「出産育児一時金請求書」を添付して提出 してください。
詳しくは「子供が生まれたとき」をご参照ください。
(2).被扶養者でない妻が出産したとき
「健康保険被扶養届(異動届)」と「住民票」もしくは出生を証明する書類を提出してください。
詳細は「被扶養者の申請をしましょう」をご参照ください。
2.男性被保険者が結婚したとき(妻が退職したとき)
結婚して妻を被扶養者として認定する時は、認定対象者の収入制限等がありますので注意が必要です。
詳細は「新たに扶養する家族が増えたとき」をご参照ください。
3.被扶養者である妻や子供が就職したとき
現在被扶養者の方が就職され、新たに保険に加入されたときは、保険証から除くことになります。「健康保険被扶養者(異動届)」と「当該被扶養者の保険証」に新しく交付された保険証の写しを提出してください。
4.被扶養者が死亡したとき(埋葬料の請求)
「健康保険被扶養者(異動届)」と「保険証」に「死亡診断書」または「埋葬許可書の写し」など証明できる書類を提出してください。
また、被扶養者である家族が死亡したときは、家族埋葬料が支給されます。
詳細は「本人・家族がなくなったとき」をご参照ください。
5.子供または妻以外の扶養について
被扶養者となるためには、被保険者との関係、同居、生計関係、収入の有無などの多くの条件が関係してきます。
詳細は「新しく家族(被扶養者)を申請する場合」をご参照ください。

ページトップへ