TOP > 病気やけがをしたときは > 立て替え払いをするとき

立て替え払いをするとき

被保険者または被扶養者が、病気やけがをしたときは、保険証を提示して保険診療を受けるのが原則です。しかし、事情によってはそうできない場合があります。
例えば、旅先で急病になって保険証を持っていなかったときなどの場合です。
このような場合は、本人がとりあえず医療費を全額支払い、あとで健康保険組合に請求をして現金で支払いをうけることになります。
この方法はあくまで例外で、健康保険組合が現物給付を受けることがむずかしいと認めたとき、またはやむをえないと認めた場合以外は支給されません。
このような給付を「療養費(被扶養者の場合は第二家族療養費)」といいます。

     立て替え払いをしてあとで払い戻しがあるもの

   医療の理由と内容 払い戻し額 
 A  
やむを得ず保険医以外の医療機関に
かかった場合

健康保険の治療の範囲の中で査定された
金額から自己負担分を差し引いた額
 B
急病にため保険証を持たずに
医療機関にかかった場合

上に同じ
 C
治療のためのギプス、コルセットなど
をつくった場合
ギプス、コルセットなどをつくったときを参照
基準金額から自己負担分を差し引いた額
 D
9歳未満の小児が弱視等の治療で
眼鏡やコンタクトレンズをつくった場合

上に同じ
 E
海外で医療を受けた場合
海外で病気やけがをしたときを参照

国内での健康保険の基準によって算定
された額から自己負担分を差し引いた額
 F
歩行困難な患者の入院や転医のときの
移送費
入転院するのに歩けないときを参照

基準料金(実費額を限度)


  提出書類   B-01 療養費支給申請書 (PDF)
         ●領収書
         上表の場合により以下の書類も必要となります。
         A、Bの場合 :● B-02 領収(診療)明細書 (PDF)
         C の場合 :● B-36 装具作製同意書 (PDF)
                :● B-37 同意書 (PDF)
                :● 「装具装着証明書」または保険医の診断書または意見書   
         D の場合 :● 眼鏡等作成指示書





ページトップへ