TOP > 病気やけがをしたときは > その他の給付 > 入転院するのに歩けないとき

病気やけがをしたときは

入転院するのに歩けないとき

移送費

病気やけがの治療のため、または入院や転院をしなければならないとき、歩行することが著しく困難な場合は、自動車などを利用した「移送費」が現金給付の対象になります。ただし、診療を受けるための普通の通院費用は認められません。
支給の対象となるのは
  1. 自動車、電車などを利用したときは、その運賃。
  2. 運転手などを雇ったときは、その賃金、手当、宿泊料など。
  3. 医師や看護師の付き添いを必要としたときは、その旅費、日当、宿泊料など。
支給額は、最も経済的な通常の経路及び方法により、移送された費用を基準に算定された額(その額が実費を超えた場合は実費)です。基準内なら、被保険者は移送費として、被扶養者の場合は家族移送費として全額支給されます。
移送費を支給してもらうには、事前に「移送費承認申請・移送届」に必要事項を記入申請をして、承認を受けることが必要です。移送後、移送費支給申請書」に領収証を添付して申請してください。
移送費を受けられる基準
「移送費」は、次のどの項目にも該当すると健康保険組合が認めた場合にのみ、支給されます。
  1. 移送の目的である療養が保険診療として適切であること
  2. 療養の原因である病気やけがにより移送困難であること
  3. 緊急その他やむを得ないこと

Q&A

Q
毎日通院にタクシーを使っています。この場合、移送費を受けられますか。
A
移送費を受けられるのは、病気やけがにより、病院や診療所まで移動することが困難で、緊急その他やむを得ない場合であると、健康保険組合が認めたときに限られています。ですから、毎日の通院のために使うタクシーの費用は、移送費として認められません。
また、自家用車で移送した場合にも、それにかかった費用は認められませんので、注意してください。

「移送費」の承認申請及び支給申請手続きについて
「移送費承認申請書・移送届」」(申請書B-31)に必要事項を記入申請し、承認を受けてください。
移送後に、「移送費支給申請書」(申請書B-32)に領収証を添付して支給申請してください。
  1. 申請する場合の注意事
    • 被保険者(本人)及び被扶養者(家族)とも、同様の手続きとなります。
    • 健康保険法の給付を受ける権利は2年で時効になり、権利がなくなりますので、申請する場合はすみやかに手続きを行なってください。
    • 「移送費」の支給までの所要日数は、申請書提出から2~3週間程度です。
    • 「移送費」の振込先に郵便局は指定できません。
  2. 申請書を記入するときの注意事項
    • この申請書は、被保険者及び家族について移送の承認があった場合に、その費用の支給を受けるため申請するものです。
    • 標題の「被保険者」及び「家族」の文字は、いずれか該当する方の文字をマルで囲んでください。
    • 標題の「被保険者」の文字をマルで囲んだときは、被扶養者を移送するときの欄には「該当せず」と記入してください。
    • 字句を訂正する場合は、誤った字句を線で消した上、氏名欄に使ったのと同じ印を取消線の上に押し、その上に正しい字句を記入してください。

ページトップへ