TOP > 病気やけがをしたときは > 70歳から74歳までの一部負担金割合について

70歳から74歳までの一部負担金割合について

平成20年度以降、軽減措置により1割とする措置を講じていたが、平成26年4月1日以降は、次のようになります。

平成26年4月1日以降に70歳に達する方
(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

70歳に達する日の属する月の翌月以降の診療分から、療養に係る一部負担金の割合は2割となります。  
  (例)平成26年4月中に70歳に達する被保険者等は、平成26年5月の診療分から2割負担
     となります。

平成26年3月31日以前に70歳に達した方
(誕生日が昭和14年4月2日から 昭和19年4月1日までの方)

引き続き、一部負担金の軽減特例措置の対象となり、平成26年4月1日以降の療養に係 る一部負担金の割合は1割となります。

ページトップへ