TOP > 病気やけがをしたときは > 病気で仕事を休んだとき

病気で仕事を休んだとき

被保険者が業務外の病気やけがの治療のため仕事につくことができず、給料をもらえないことがあります。このような場合、被保険者と家族の生活を守るために、「傷病手当金」が支給されます。
業務上または通勤途上の事故や災害で病気やけがをしたときは、労災保険の扱いとなり、傷病手当金は申請できません。
手続き
下記の書類に必要事項を記入し、事業主の休業および報酬支払いの有無に関する証明と、医師の「働けない」という意見をつけて、健康保険組合に提出してください。

◎支給の条件

以下の4つのすべての条件に該当していないと、支給を受けられません。
(1)病気・けがのため療養中のとき (2)療養のために仕事につけなかったとき
病気・けがのため療養しているのなら、自宅療養でもよい。 病気・けがのために、今までやっていた仕事につけない場合。
(3)続けて4日以上休んだとき (4)給料等をもらえないとき
続けて3日以上休んだ場合、次の4日目からが支給対象になります。初めの3日間は「待期」といって支給されません。 給料等をもらっていても、その額が傷病手当金より少ないときは、その差額が支給されます。

◎支給される金額

休業1日につき、休業時の直近12ヵ月の平均の標準報酬日額の3分の2に相当する額です。
※標準報酬日額=標準報酬月額÷30(10円単位四捨五入)

 ただし、傷病手当金の支給を始める日の属する月以前の直近の継続した期間に標準報酬月額が定められている月が12ヵ月未満の場合には、次の1および2に掲げる額のうち少ない方の額の3分の2に相当する額(1円未満四捨五入)となります。

1 傷病手当金の支給を始める日の属する月以前の直近継続各月の標準報酬月額の平均額を30で除し
 て得た額(10円未満四捨五入)
2 傷病手当金の支給を始める日の属する年度の前年度の9月30日における全被保険者の同月の標準
 報酬月額の平均額を30で除して得た額(10円未満四捨五入)
 なお、平成28年4月1日施行の健康保険法施行規則の改正により、傷病手当金の算定方法の見直し
 が行われました。

◎支給される期間

期間は、支給されることになった日から、1年6ヵ月です。
これは暦の上で1年6ヵ月ということですので、途中具合がよくなったので出勤した日があっても、支給開始の日から1年6ヵ月を超えた期間については支給されません。

◎傷病手当金が支給停止される場合

  • 傷病手当金を受けられる期間が残っていても、同時に厚生年金保険法による傷害厚生年金(国民年金の傷害基礎年金も含む)を受けられるようになったときには、傷病亭手金は打ち切られます。
  • ただし、傷病手当金の方が高額な場合に限り、その差額が傷病手当金として支給されます。

ページトップへ